千葉市 足と歩行の専門整体,インソールのフィーズ|千葉県千葉市中央区

受付・休業日・住所

お問合せ
フィーズは総合病院、整形外科で多くの治療実績がある足と歩行が専門のコンディショニングスタジオ フィーズ


フィーズ(千葉市中央区)は、総合病院、整形外科などで経験を積んだ理学療法士(国家資格)が運営する足と歩行が専門のコンディショニングスタジオです。

喜びの声をご紹介 40代女性/千葉県千葉市若葉区/強剛拇趾

「足の痛みが本当に楽になりましたが、それ以外にもうれしいことが・・」

 半年前、急に右足の親指に激痛が走り、痛みと腫れで歩けなくなりました。近くの整形外科に行っても外反母趾といわれ、シップして様子をみることしかできませんでした。それでもなかなか治らなかったので、何度か病院を変えて診断を受けましたが、神経痛としか言われず、全く治らず半年がたちました。それでもあきらめずに別の病院に行ったところ、強剛拇趾の診断で、そこの整形外科の先生から、「足の形が悪いので、歩き方を変えれば治る。それにはいいインソールを作ってくれるところがあるよ。」といわれ、フィーズを紹介していただきました。早速、インソールをつくってもらい、毎日履いていましたら、1週間で足の腫れも痛みも半減し、1か月後には嘘のように痛みがなくなりました。一緒に歩行整体も行ったおかげで、足の痛み以外にも、長年ひどかった肩こりもほとんど症状が出なくなりました。一番うれしかったのは、歩き方が良くなり、姿勢が良くなって、猫背が改善したことです。周りから姿勢が良くなったとか歩き方が前と比べてすごくいいね。といわれます。先生ありがとうございました。

喜びの声をご紹介 40代女性/千葉県千葉市中央区/慢性疲労、肩凝り、背中の痛み,体力低下

「一日中歩き回れるようになりました!!」

 歩くことがこんなにも疲れないことだとは知りませんでした! 若いころから心疾患で体力のなかった私は、歩行により肩や背中など全身に痛みが出るのは当然のことと思い込んでいました。ここ最近は癌の術後の体力回復のため整形外科でリハビリを受けていましたが、ある程度以上のところにはいかず思い悩んでいた時、こちらの治療院とインソールのことを知りました。身体の不調が30年以上にも及んでいたため、最初のうちはインソールを徐々に慣らしてゆく感じでしたが、10日~2週間もすると変化を実感し、全身の治療の効果もあり、3週間目にはかなりの遠出も出来るようになりました。
 人間の不調には様々なことが影響していて、そのバランスをとる基本が「歩くこと」になるんだなぁと改めて感じています。理学療法士さんは姿勢だけでなく「動き」を見るスペシャリストだと聞きました。動けることは何より人間の喜びです。色んな方にインソールを試していただけたらなと思いました。

喜びの声をご紹介 50代女性/千葉県船橋市/両変形性膝関節症

「病院で膝の手術を勧められましたが、手術せずに歩けるようになりました!!」

 20年来の膝のトラブルで、5件以上整形外科を受診しましたが、どこでも手術を勧められ、気持ちがひどく落ち込んでいました。針、カイロプラクティック、加圧トレーニング、自主的にトレーニングジムに通ったり、整形外科で理学療法士によるリハビリも受けましたが、状況は変わるどころか、今年1月に両膝の痛みが悪化し、自宅での立ち座りでもひざが痛むようになり、外出が苦痛になりました。
 そんなとき、以前インソールをつくっていただいた柴田先生に連絡を取り、新しくインソールを作りかえてもらって、リハビリもしてもらいました。リハビリを数回受けるうちに膝の痛みが軽減し、膝の曲りも違和感なく曲がるようになりました。あんなにいろいろ通ってダメだったし、長年膝の曲りが悪くロックした状態でしたので、とても感激しました。その後も教えていただいた筋力トレーニングを続けて、少しずつ長い距離も歩けるようになってきています。インソールとリハビリの相乗効果だとつくづく実感しています。

喜びの声をご紹介 20代女性/千葉県四街道市/腰椎椎間板ヘルニア

「腰痛にインソール?・・最初は半信半疑でした。」

 もともと腰の椎間板ヘルニアがあり、腰をかばいながら仕事をしていました。立ち仕事で運動量も多く、足腰の痛みに悩まされ、職場のDrに相談したところフィーズを紹介されました。はじめはインソールで何が変わるのかと半信半疑でしたが毎日、長時間履く靴にあったインソールをつくっていただき、今ではコルセットなしで走り回ることができています。夜勤もあり長い時間を共にする相棒ができたようで本当に重宝しています。先生ありがとうございました。

ご挨拶

 これまで、理学療法士として、リハビリテーション分野での知識、技術、経験を積んできました。患者さんやそのご家族とリハビリを通して接する中で、皆様に喜んでいただくことが、私達理学療法士にとって、何よりの幸せであり、原動力であります我々理学療法士は、けがや病気、または要介護とならなければ、なかなか皆さんと接する機会がありません。そこで、もっと身近に、幅広く、私たちの知識、技術、経験を活用していただく場として千葉市中央区にフィーズを設けさせていただきましたので、ぜひご活用ください。

柴田英宣

初めての方へ

スポーツインソール

 フィーズでは、どのような不調に対しても歩き方や姿勢を整えることをとても重要視しています。歩くという動作は、人間の基本であり、姿勢はその核となるものです。  

 
歩き方をみて、その人の体の使い方の癖を把握することはとても重要です。我々理学療法士は、歩行障害を持つ方と多く接する機会が多いのですが、歩き方の癖を見て、日常生活の習慣や、スポーツ動作の得意、不得意を言い当てたりすることがよくあります。それは、歩行という動作を通して、その方の体の使い方の癖を見抜いているからです。これは、特別なことではなく、皆さんも、身近な人なら、遠くにいても歩き方や姿勢を見ただけで誰なのかを判断できことと同じことです。

 フィーズでは、
この歩き方の癖を、ちょっと専門的な言葉を使うと、身体運動学的に分析します。

 喜びの声にもありましたが、フィーズでは首や肩をもまなくても、首の痛みや肩こりがなくなったという方が多くいらっしゃいます。なぜでしょうか?それは、
その人の体の使い方が整ったからなのです。

 
歩き方を整えるということは、体の中で使い過ぎていた部分と、逆にサボっていた部分のバランスが整うと言い換えることができます。この使い過ぎとサボり部分を理解しないと、いつも同じところが辛いという状況から抜け出せないのです。

 例えば、歩くためにあなたの体を動かしている
サポーター10人いるとします。それぞれのサポーターが、10の力を持っているとすると全部で100の力です。

 歩き方に偏りが出てくると、例えば、
右膝右腰を担当するサポーターが常に10の力をだし、それ以外のサポーターは2の力しか使っていないとします。

 歩きはじめはいいかもしれませんが、長く歩くとどうなると思いますか?

 そうです。
MAXで働いている右膝と右腰は悲鳴をあげはじめますよね。

 さらにおそろしいのは、さぼっていたサポーターたちの
体力が衰え、体の中にアンバランスが生まれ一日動いているのが辛い疲れやすいという状態を生み出しやすくなります。

 フィーズのケアを受けた方の中には、楽になった、以前ほど疲れなくなったという声の他に、たるみがとれた。体重が変わらないのにやせた感じがする。伸長が伸びた。といった声が多くあります。これを目的にしているわけではありませんが、歩き方や姿勢を整えるということはそういうことなのです。

 今まで使っていなかったところを使うようになり、たるみがとれたり、スリムに見えたり、姿勢の偏りがなくなれば背も高くなるのです。それはさておき、フィーズでは、
皆様にバランスのいい歩き方と姿勢を通して、快適な生活を実現してほしいと考えています。
フィーズが多くの方に選ばれる6つの理由
フィーズが多くの方に選ばれる6つの理由

 理学療法士の国家資格があり、解剖学、生理学などの基礎医学、内科学、外科学などの疾患学、特に関節運動学や運動療法学などのリハビリテーション医学に精通していますので安心してお体をおまかせください。

フィーズが多くの方に選ばれる6つの理由

 千葉県内の総合病院、整形外科でのべ4万件を超えるリハビリ治療実績と、歩行・スポーツ障害のインソール専門外来で、1,000人を超えるインソール(足底板)療法の実績があります。

フィーズが多くの方に選ばれる6つの理由

 お客様の不調について詳しくお聞きして、不調の原因を分析し、どのようなケアがふさわしいのかをホワイトボードを使ってわかりやすく解説します。ご本人が本当に納得されてからのケアとなります。

フィーズが多くの方に選ばれる6つの理由

 これまでのリハビリ治療経験をもとに、リラクゼーション、ストレッチング、マニュアルテラピー、姿勢・骨盤調整、エクササイズ、アドバイス、セルフケアの7種類のケアと、インソールで、体のバランスを整えることにより、さらにいい状態を持続させます。施術自体は必要最低限のソフトな施術です。

フィーズが多くの方に選ばれる6つの理由

 不調を訴えている場所になぜ、常に負担がかかってしまうのか?弱い部分をかばっているのか?姿勢からきているのか?などを細かく分析し、不調を長引かせている隠れた要因にまでケア範囲を広げることで、その場限りケアではなく、常にいい状態が持続するように働きかけます。

フィーズが多くの方に選ばれる6つの理由

 最終的には、お客様自身が自分の体について知り、いい状態を持続させるための方法を習得しなければなりません。こちらも、その場限りの慰安を繰り返すことはしたくありませんので、ケアの導入の段階からご本人にできることはやっていただいております。最終的にはご自身の力で快適な状態を持続させるための方法を学びます。

フィーズのおすすめケアと特徴

1. からだ軸整体

 からだ軸整体とは、言葉の通り、からだの軸を整える整体です。日常生活で生じた疲労や、筋肉のコリをポイントを絞ってほぐしていくことで快適なからだを取り戻すことができます。何気なく行っている日常生活ですが、ほとんどの方が同じ格好で、同じような作業を毎日繰り返しています。それが家事だったり、仕事だったりするのですが、からだを毎日バランスよく使っているという方はほとんどいないといってもいいのではないでしょうか?ある人は座りっぱなし、ある人は立ちっぱなし、またある人は歩きっぱなしだったりしていると思います。この繰り返される同じ動作によって、人間の体は癖を持つようになります。癖を持つとは、体の軸にゆがみが生じてくるということです。辛い場所を一時的にほぐすと、一時的に楽になりますが、からだ軸の優位性が変わらなければまた、同じところに負担がかかり、不調を繰り返すことになります。このからだ軸を修正していこうというのがからだ軸整体です。⇒詳しくはこちら

全身整体







2. 歩行整体(ウォーキングケア)

 その名の通り歩き、歩き方の偏った癖を整えることで、局所に偏った負担を減らし、快適に歩くための体つくりをしていきます。ケアは、リラクゼーション、ストレッチ、エクササイズや歩行姿勢指導、自己管理法に至るまで、皆様のお身体の状態に合わせて、最適なプログラムをご提案します。
 ウォーキングケア(歩行整体)の目標は、快適に歩き回れる状態を作り、維持することです。快適な歩行を取り戻すための、最適なプログラムをご提案します。リラクゼーションを用いることが多いのですが、いくつかの方法を組み合わせた総合的なケアで、不調から抜け出すところから、最高のコンディションを維持するところまでのトータルケアが特徴です。
歩行整体

3. インソール(入谷式足底板/靴の中敷き)

 これまで整形外科医とチームを組み、インソールの専門外来を通じて、多くの方の足と歩行の悩みやスポーツ障害に関わってきました。インソール(足底板)で土踏まずを整えることで、足だけでなく、膝や腰など体全体に掛かる負担をやわらげることができます。
 フィーズのインソールは動的製法が特徴的で、入谷式足底板療法という画期的な製法を採用しています。従来の製法は、静的製法と呼ばれ、座位や、立位で足型をとり、作製するという方法でしたが、この作り方では実際の動作に反映しないという弱点がありました。一方、入谷誠氏の考案した製法は、実際に動いてもらう中で、足の使い方を修正しながら作製する画期的かつ確実な方法です。
インソール療法
















ご予約

 当コンディショニングスタジオでは、基本的に予約制をとっています。 しっかりと準備を整えて臨みたいということもあり、申し訳ございませんが飛び込みでのご来店はお断りしております。 当日のお問い合わせによる予約、またご相談は承っております。

〖初めての方へ〗
全身整体・歩行希望
インソール希望




フィーズのケアをご希望の方は今すぐお電話ください!

 施術中またはインソール作製中の場合でも、必ず電話に出るようにしています。 お電話で簡単にお身体の状況をお伝えくだされば、どのようなケアが適切なのかその場でお答えします。 また、ご質問や、ご不明な点についてもお気軽にお聞きください。 ご相談内容によっては、十分な時間が必要な場合があります。 その際は、折り返しご連絡させていただき、これまでの経験をもとに、ご納得されるまでご説明させていただきます。

〖予約を迷われている方へ〗

 「辛い状態が長く続けば当然、回復までに時間がかかる。 どうせはじめるなら早いほうがいいのはわかってるけど・・・。」、 「でも、ここは本当に大丈夫?」、「私の悩みを真剣に受け止めてくれるかしら?」 など不安があり、一歩踏み出せないのは当然のことです。私も人一倍そういう意識の強い人間ですからよくわかります。 しかし、私の経験上、即決即断するかどうか、これが非常に重要なようです。 例えば、広告や、口コミで即決即断して来られた方は快方に向かう方が多く、 しかたなく連れてこられたり、ここがダメだったら次どこに行くかもう決まっているという方はなかなかうまくいかなかったりします。不思議なものです。 おそらく、ご本人の意識の問題がかなりあるのでないかと思います。現状を変えてやるんだという強い意志を持って飛び込めるかどうか。本当に現状を抜け出す覚悟ができているのかどうか。 他の整体院さんや治療院さんを選ばれるときも同様です。 ご本人の強い意志をもってお問い合わせくだされば皆さんは変われるはずです。

お問い合わせ

TEL:043-309-5017
メールでのお問い合わせはこちら
千葉県千葉市中央区生実町944-1 ITOビル105
(おゆみ池すぐそば,増田畳店さんの看板が目印です)
受付:9:00~17:00
定休日 : 日曜、祝祭日、第一木曜日
駐車場 : 店舗前2台 蘇我ICより1分
最寄駅 : JR蘇我駅よりバス10分

フィーズ 内装 




TEL:043-309-5017
●メールでのお問い合わせはこちら●
千葉県千葉市中央区生実町944-1 ITOビル105
(おゆみ池すぐそば,増田畳店さんの看板が目印です)
受付:9:00~17:00
定休日 : 日曜、祝祭日、第一木曜日
駐車場 : 店舗前2台 蘇我ICより1分
最寄駅 : JR蘇我駅よりバス10分

フィーズ 内装 

アクセス

場所

外観 内装

〒260-0813 千葉県千葉市中央区生実町944-1 ITOビル 105

アクセス

公共交通機関
◎JR千葉駅よりバスをご利用の場合
 3番乗り場より,小湊鉄道バスを利用。明徳学園行き,鎌取駅行き,イオンタウンおゆみ野行きのいずれかにお乗りください。柏崎バス停下車徒歩1分。所要時間20分程度。    
◎JR蘇我駅東口よりバスを利用
 1番乗り場より,小湊鉄道バスを利用。明徳学園行き,鎌取駅行きのどちらかにお乗りください。柏崎バス停下車徒歩1分。所要時間8分程度。
◎JR鎌取駅よりバスを利用
 2番乗り場より,小湊鉄道バスを利用。千葉駅行き,蘇我駅東口行きのどちらかにお乗りください。柏崎バス停下車徒歩10秒。所要時間10分程度。
自動車
◎蘇我インターチェンジから1分
高速を降りたら左右に分かれるので右の誉田方面へ。高速の下をくぐってT字路にぶつかったら右折すると信号があります。その信号を右折し、左車線へ。200m程度直進すると、左手に焼肉屋さんのある十字路(2つめの信号のある交差点を左折し、100m程度進んだ左手に店舗がございます。※駐車場2台

NEWS

2017年末-2018年始
年末12/31日まで営業、1/1-1/5まで正月休み。1/6より営業開始予定です。
2017月12月のお休み
7日千葉県内整形外科出張日,12,26日足と歩きの研究所出張日,16日は臨時休業となりますが,23日は臨時営業といたします。3日は昭和大学で入谷式足底板基礎セミナーです。
2017月11月のお休み
2日千葉県内整形外科出張日,14,28日足と歩きの研究所出張日,5日は薬丸病院で身体運動学的アプローチ研究会千葉県支部会、12日は鹿沼整形外科にて入谷式足底板基礎セミナーです。
2017月10月のお休み
5日千葉県内整形外科出張日,10,24日足と歩きの研究所出張日,1日は伊東市民病院で入谷式足底板基礎セミナーです。
2017月9月のお休み
7日千葉県内整形外科出張日,12,26日足と歩きの研究所出張日,10日は広尾整形外科で入谷式足底板基礎セミナー,17-18日は松戸整形外科で入谷式足底板上級セミナー,30臨時休業となります。
2017月8月のお休み
3日千葉県内整形外科出張日,8,29日足と歩きの研究所出張日,27日は松戸整形外科で入谷式足底板基礎セミナー,14-17,26臨時休業,12日は祝日ですが営業いたします。
2017月7月のお休み
1日千葉県内整形外科出張日,11,25日足と歩きの研究所出張日,16-17日は広尾整形外科で入谷式足底板上級セミナーの予定です。
2017月6月のお休み
6日千葉県内整形外科出張日,13,27日足と歩きの研究所出張日です。
2017月5月のお休み
11日千葉県内整形外科出張日,9,23日足と歩きの研究所出張日です。
2017月GWのお休み
4/29-5/7までお休みです。
2017月4月のお休み
6日千葉県内整形外科出張日,11,25日足と歩きの研究所出張日,16日は入谷式基礎セミナーの予定です。
2017月3月のお休み
2日千葉県内整形外科出張日,14,28日足と歩きの研究所出張日です。
2017月2月のお休み
2日千葉県内整形外科出張日,14,28日足と歩きの研究所出張日です。11-12日は入谷式足底板中級セミナー,9日は臨時休業となります。
2017月1月のお休み
12日千葉県内整形外科出張日,10,24日足と歩きの研究所出張日です。21日(土)は学会参加の為お休みとなります。
2016年末-2017年始
12/31まで通常営業,1/5より営業開始です。
2016月12月のお休み
1日千葉県内整形外科出張日,13,27日足と歩きの研究所出張日です。
2016月11月のお休み
10日千葉県内整形外科出張日,8,22日足と歩きの研究所出張日,16日臨時休業です。
2016月10月のお休み
6日千葉県内整形外科出張日,11,25日足と歩きの研究所出張日です。
2016月9月のお休み
1日千葉県内整形外科出張日,13,27日足と歩きの研究所出張日です。
2016月8月のお休み
4日千葉県内整形外科出張日,9,23日足と歩きの研究所出張日です。 11-15日,19-20日は臨時休業とさせていただきます。
2016月7月のお休み
7日千葉県内整形外科,12,26日足と歩きの研究所出張日で不在です。 3日は足と歩きの研究所で入谷式足底板療法の基礎セミナー、17-18日は中級セミナーです。
2016月6月のお休み
2日千葉県内整形外科,14,28日足と歩きの研究所出張日で不在です。 5日は足と歩きの研究所で入谷式足底板療法の基礎セミナーです。
2016月5月のお休み
12日千葉県内整形外科,10,24日足と歩きの研究所出張日で不在です。 1-5日は連休。8日は足と歩きの研究所で入谷式足底板療法の基礎セミナーです。
2016年4月のお休み
7日千葉県内整形外科,12,26日足と歩きの研究所出張日で不在です。 8日は臨時休業。17日は足と歩きの研究所で入谷式足底板の基礎セミナーです。
2016年3月のお休み
3日千葉県内整形外科,29日足と歩きの研究所出張の為お休み。 7,8,28日は臨時休業。20-21日は足と歩きの研究所で入谷式足底板の中級セミナーです。
2016年2月のお休み
4日千葉県内整形外科へ出張(インソール外来)の為,お休みとなります。
2016年1月のお休み
7日千葉県内整形外科へ出張(インソール外来)の為,お休みとなります。
年末年始のお休み
12/27から1/4までお休みとなります。
2015年12月のお休み
3日千葉県内整形外科へ出張(インソール外来)の為,お休みとなります。1日、21日は、臨時休業。12日は身体運動学的アプローチ研究会の為お休みです。
2015年11月のお休み
5日千葉県内整形外科へ出張(インソール外来)の為,お休みとなります。22,23日は、入谷式足底板の中級公式セミナーです。28日臨時休業。
2015年10月のお休み
1日千葉県内整形外科へ出張(インソール外来)の為,お休みとなります。3日,24日臨時休業となります。
2015年9月のお休み
3日千葉県内整形外科へ出張(インソール外来)の為,お休みとなります。7日臨時休業、シルバーウイーク休暇20-23日となります。
2015年8月のお休み
6日千葉県内整形外科へ出張(インソール外来)の為,お休みとなります。夏季休暇13-17日、臨時休業日22日、26日午後となります。
2015年7月のお休み
2日千葉県内整形外科へ出張(インソール外来)の為,お休みとなります。
2015年6月のお休み
4日千葉県内整形外科へ出張(インソール外来)の為,お休みとなります。
2015年5月のお休み
14日千葉県内整形外科へ出張(インソール外来)の為,お休みとなります。23日は臨時休業となります。
2015年4月のお休み
2日千葉県内整形外科へ出張(インソール外来)の為、お休みとなります。
2015年3月のお休み
5日千葉県内整形外科へ出張(インソール外来),19日,20日は臨時休業となります。
2015年2月のお休み
5日千葉県内整形外科へ出張(インソール外来)の為お休みとなります。
2015年1月のお休み
5日より営業開始。8日千葉県内整形外科へ出張(インソール外来)の為お休みとなります。
2014年12月のお休み
4日千葉県内整形外科へ出張(インソール外来),8日,20日身体運動学的アプローチ研究会出席の為,26日がお休みとなります。 年末年始休暇は12/30-1/4まで。
2014年11月のお休み
6日千葉県内整形外科へ出張(インソール外来),22日PM身体運動学的アプローチ研究会の千葉県支部会出席の為お休みとなります。
2014年10月のお休み
2日千葉県内整形外科へ出張(インソール外来)の為お休みとなります。
2014年 9月15日
千葉市サッカー新聞コラム 連載第4回目は「アスリートに必要な食事の基礎知識について」記事を書きました。参考になさってください。
2014年9月のお休み
4日千葉県内整形外科へ出張(インソール外来)の為お休みとなります。
2014年8月のお休み
7日(千葉県内整形外科へ出張),11日,13日,14日18日,22日,27日はお休みとなります。
2014年 7月 5日
千葉県内整形外科へ出張(インソール外来)の為お休みとなります
2014年 6月10日
千葉市サッカー新聞コラム 連載第3回目は「トレーニングの基礎知識について」記事を書きました。参考になさってください。
2014年 6月 5日
千葉県内整形外科へ出張(インソール外来)の為お休みとなります
2014年 5月30日
産経リビング千葉中央版に掲載されました
2014年 5月16日
地域新聞市原版に掲載されました
2014年 5月 8日
千葉県内整形外科へ出張(インソール外来)の為お休みとなります
2014年 3月10日
千葉市サッカー新聞コラム 連載第2回目は「サッカーのケガで特に多い打撲、捻挫、肉離れの応急措置について」記事を書きました。参考になさってください。
2014年 3月 6日
千葉県内整形外科へ出張(インソール外来)の為お休みとなります
2014年 3月 1日
千葉市サンヨーコミュニケーションにフィーズの取材記事が掲載されました。
2013年11月10日
千葉市サッカー新聞コラム 「サッカーを快適に楽しむために!」連載スタートしました。第1回は「サッカーとケガ」についてです。是非ご覧ください。
2013年 7月 1日
OPEN

お知らせ


2016年3月より足と歩きの研究所でインソールを作製できるようになりました。詳しくはこちら➡


おかげさまで
フィーズは、
Yahoo!,Googleで
千葉地域検索
第1位!
検索第1位!! yahoo,google

第1位
検索第1位!! yahoo,google

  • 1位    千葉県 インソール
  • 1位  千葉県 スポーツインソール
  • 1位  千葉市 歩行整体
  • 1位 千葉県 入谷式足底板
  • 1位   千葉市 全身整体

※その他千葉地域のキーワード
多数支持されています。


エキテンの口コミはこちら
チイコミの口コミはこちら

フィーズのFacebook
ページはこちら

メディア

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

【拡大して表示】

千葉市役所前市民センター
千葉市中央区役所市民課
千葉市中央区役所保険年金課
千葉市緑区役所
千葉市みどり保健福祉センター
でも紹介されました。

よくある質問
よくある質問

全身整体・歩行希望 インソール希望

勉強会

臨床ノート勉強会活動報告入谷式足底版勉強会

イベント

リビングen活フェア千葉2014

喜びの声 分類別

足の痛み 膝の痛み 股関節の痛み 歩行時の肩こり・背中の痛み 骨盤矯正 ケガの後遺症 慢性疲労 スポーツインソール 足の痛み 膝の痛み 股関節 歩行時の肩こり・背中の痛み 骨盤矯正 ケガの後遺症 慢性疲労 スポーツインソール

アクセス

千葉県千葉市中央区生実町944-1 ITOビル105

TEL:043-309-5017
受付:9:00~17:00
定休日:日曜、祝祭日、
第一木曜日
外観

【ご利用地域】

千葉市中央区(青葉町,赤井町,旭町,市場町,稲荷町,亥鼻,今井,今井町,院内,鵜の森町,大森町,生実町,春日,葛城,要町,亀井町,亀岡町,川崎町,川戸町,栄町,寒川町,塩田町,汐見丘町,白旗,新宿,新千葉,新田町,新町,神明町,末広,蘇我,蘇我町,大巌寺町,千葉寺町,千葉港,中央,中央港,千葉みなと,中央,中央港,椿森,鶴沢町,出洲港,問屋町,道場北,道場南,長洲,新浜町,仁戸名町,登戸花輪町,浜野町,東千葉,東本町,富士見,弁天,星久喜町,本千葉町,本町,松が丘町,松波,港町,南生実町,南町,都町,宮崎,宮崎町,村田町,矢作町,佑光,若草)/千葉市緑区(あすみが丘,あすみが丘東,板倉町,大金沢町,大木戸町,大椎町,大高町,大野台,落井町,越智町,小山町,おゆみ野,おゆみ野有吉,おゆみ野中央,おゆみ野南,鎌取町,上大和田町,刈田子町,小金沢町,椎名崎町,下大和田町,高田町,高津戸町,大膳野町,土気町,富岡町,中西町,東山科町,平川町,平山町,古市場町,辺田町,誉田町,茂呂町,小食土町)/千葉市若葉区/千葉市美浜区/千葉市花見川区/千葉市稲毛区/鎌ヶ谷市/鴨川市/木更津市/君津市/市原市/袖ヶ浦市/南房総市/大網白里市/館山市/四街道市/船橋市/茂原市   
【その他】
東京都(江戸川区,品川区,世田谷区,目黒区,千代田区,練馬区)/神奈川県川崎市,宮城県仙台市,海外(アメリカ,カタール,シンガポール)等,他県,国外からも多数ご利用いただいております。